UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

参考:UQモバイルau乗り換え

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策1:UQ WiMAX端末を再起動する

UQ WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは、突然に通信不良を起こすことがあります。通信不良が起きた時は、UQ WiMAXルーターの電源を一度切って1分程度待ってから再起動してみましょう。

再起動後に圏外から回復することがあります。

ルーターだけでなく、スマホやノートパソコンなどの通信端末も再起動すると良いでしょう。UQ WiMAXルーターかスマホやパソコンなのか、どちらが原因の場合でも再起動がきっかけで通信が回復する確率が高くなります。

再起動の手順

1.WiMAXルーターの電源ボタンを長押しして切る。
2.パソコンやスマホの無線通信を切断する。
3.数分待ってからWiMAXの電源を入れる。
4.WiMAXルーターの電波状況をモニタで確認する。
5.パソコンやスマホに接続できるか確認する。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策2:通信モードを5GHzに切り替える

UQ WiMAXでは2.4GHz(ギガヘルツ)と5.0GHzという2つの通信モードを利用できます。突然に圏外になった時は通信モードを切り替えると直る場合があります。

どちらも無料で使える通信モードで、WiMAXを操作するだけで変更可能です

W06などのWシリーズのWiMAXは、本体メニューから「設定」→「通信設定」→「Wi-Fi設定」と進んでいくと通信モードを変更できます。

WX05などのWXシリーズは、本体メニューから「設定」→「LAN側設定」→「Wi-Fi設定」と進んでいき、「2.4GHz」、「5GHz(屋内)」または「5GHz(屋外)」を切り替えると圏外から回復する場合があります。

切り替え後すぐには電波が安定していませんので、3秒程度待ってから状況を確認してください。

2.4GHzと5GHzそれぞれ切り替えをしながら試してみましょう。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策3:端末を初期化する

UQ WiMAX端末の初期化をすると、端末設定を工場出荷時に戻すことできます。UQ WiMAXを再起動して圏外が直らない場合は、UQ WiMAX端末の初期化で圏外が治ることがあります。

UQ WiMAXの初期化は、電源が入った状態でリセットボタンを5秒間ほど長押しすると開始されます。

リセットボタンは、WiMAX本体のmicro USBポートの横にある小さな穴のなかにありますので、細い棒などを使って押してください。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策4:UQ WiMAXエリアを再確認

UQ WiMAXが圏外になった場合、その場所がUQ WiMAXの対応エリアに入っていない可能性もあります。

UQ WiMAXは、都市部なら広いエリアで対応していますが、都市郊外や山岳部などでは繋がらないエリアも多数存在します。

WiMAX2+の回線は全国で90%のエリアはカバーできているとはいえ、まだ電波が通っていないエリアもあり、山間部や、地下鉄の駅などでは使えないことが多々あります。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策5:「au 4G LTE」に切り替える

ハイスピードプラスエリアとは、auスマホが使っているau 4G LTE回線のことで、人が住んでいる地域の99%をカバーしています。WiMAXが圏外のエリアでも「au 4G LTE」はつながる可能性が高いです。

UQ WiMAX端末の通信モード設定で「ハイスピードプラスエリア」を選択すれば、「au 4G LTE」回線を使うことができます。

ただし、「au 4G LTE」が使えるのは月間7GBまでです。データ容量に上限がありますので、繋がらないエリアで限定的に使って、WiMAX回線への切り替えが必要です。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策6:UQ WiMAX端末の置く位置を変更

UQ WiMAX端末の置く場所を窓際に置いてみましょう。WiMAXの電波は、まっすぐに飛ぶ性質があります。ですから、障害物があると電波が弱くなってしまい、ネットがつながりにくくなります。

自宅内で利用する場合、電波を遮断する障害物が少ない窓際が端末を置くのに適した場所です。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策7:UQ WiMAXメンテナンス情報を確認

WiMAXの基地局は都心部では複数ありますので、1ヵ所の基地局がメンテナンスや工事をしていても、他の基地局の電波が届くのでネットが使えます。

しかし、郊外に行くと基地局が少なくなってしまい、1つの基地局がメンテナンスや工事をするだけでWiMAXが圏外になってしまう可能性があります。

メンテナンスや工事の状況は、「障害情報」としてその都度更新されています。

障害情報はこちら 

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策8:UQ WiMAXのSIMカード交換

端末にセットされている SIMカード(ICチップ)が故障などにより認識されなくなっている場合があります。

SIMカードの端子面に触れてしまうと汚れや腐食などにより認識不良を起こしてしまう恐れがあります。SIMカードの不良が原因だった場合は再発行して新しくしましょう。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策9:UQ WiMAX端末故障

購入後1年以内に発生した自然故障については、メーカー保証規定に基づいて無償で修理できます。

物理的な破損や水没等の症状が認められる場合は、メーカー保証期間内であっても有償修理ですが、1年以内に自然と故障した場合は無料で修理できますので、圏外を繰り返す場合は修理に出してみましょう。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策10:UQ WiMAX端末を新しく購入

UQ WiMAX端末は機種変更で購入が可能です。メルカリやヤフオクでも新品が出回っています。UQ WiMAX端末はネット通販で販売されておりませんので、いずれかの方法で入手して下さい。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策11:UQ WiMAX端末をクレードルにセット

クレードルとはモバイルルーター機器の拡張機です。

クレードルはモバイルルーターの台座のような形状で、モバイルルーターを取り付けて使います。クレードルを使えばモバイルルーター端末にLANケーブルを接続し、有線LANでインターネットが利用できます。

インターネット通信は無線よりも有線のほうが通信速度は上がるため、WiMAXの電波が弱い場合はクレードルの利用で改善される場合があります。

UQ WiMAX突然圏外がエリア内で起こる対策12:UQ WiMAX端末を電波の干渉を受ける場所から移動

屋内や地下はもちろん、カフェやWi-Fiスポットがある場所は無線機器や家電などから出ている電波の干渉を受けて通信できなくなるケースがあります。

電波の干渉を受ける可能性がある場所で圏外になった場合は、外に出たりするなどして電波の環境が良い場所に移動しましょう。