UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

参考:UQモバイルau乗り換え

エントリーパッケージとは?

格安SIMの契約時には契約事務手数料として3000円のSIMカード発行手数料が発生しますが、「エントリーパッケージ」というコードが書かれたものを事前に購入し、申込時にそのコードを入力することによって、契約事務手数料3000円が無料にすることができます。

エントリーパッケージの価格は様々で300円くらいで購入できるため、エントリーパッケージ代を賭けてでもお得に格安SIMに申し込むことが可能になります。

UQ WiMAXにエントリーパッケージではある?

UQ WiMAXにエントリーパッケージはありません。エントリーパッケージは携帯電話にはありますが、WiMAXには存在しません。

その為、GMO、BIGLOBE、So-netなどどこのWiMAXでのエントリーパッケージは存在しません。

ただし、初期費用無料になる限定ページはあります。BIGLOBE WiMAXは、クーポンコードを入力で 申込手数料(3,000円)無料になります。

BIGLOBE WiMAXの初期費用無料は、特定のサイト限定となります。

UQモバイルはエントリーパッケージがある

UQ WiMAXを提供するUQコミュニケーションズが運営するUQモバイルはエントリーパッケージが存在します。エントリーコードで初期費用3000円が無料にできますが、UQモバイルはエントリーコードとキャッシュバックの併用が不可です。

UQモバイルのキャッシュバックは最低でも3000円貰えるので、エントリーコード購入を考えるとキャッシュバックのあるプランはエントリーパッケージを使わない方が得策と言えます。

キャッシュバックがない「データ高速プラン」「データ無制限プラン」のみエントリーコードで初期費用無料にすれば良いでしょう。

UQ WiMAXの初期費用はいくら?

UQWiMAXを新規契約する場合、申込み手数料として3240円掛かります。申し込み翌月に請求されます。

その他に、月額料金、端末代、クレードル代が掛かります。

UQ WiMAXは端末代が有料ですが、他社プロバイダでは端末無料キャンペーンを実施しているので端末代が初期費用として掛かりません。

更には初月の月額料金は無料にしているプロバイダもあります。UQ WiMAXギガ放題は最初の3ヵ月間は割引料金ですが、それでも月額3696円掛かります。

UQ WiMAXの初期費用の呼び方の正解は?

初期費用の呼び方は、プロバイダにより異なります。プロバイダによっては「登録料」「契約事務手数料」「申し込み手数料」とさまざまです。

UQ WiMAX公式HPでは、「SIMパッケージ代金として、3,000円(税抜)がかかります。」と明記していますので、初期費用をSIMパッケージ代金と呼びます。

この呼び方はUQモバイルと全く同じです。またの名を「SIMカード発行手数料」とも呼びます。

格安SIMにみられる「SIMカード準備料」324円はWiMAXにはありません。3000円のみが初期費用となります。

UQ WiMAXで初期費用を無料にする方法はない?

他のプロバイダでは限定ページ経由からクーポン入力で初期費用無料になりますが、UQ WiMAXでは初期費用無料になる限定ページはありません。

その為、どこ探しても初期費用無料になる方法は見つかりません。ただし、キャッシュバックの限定ページはあります。初期費用は有料ですがキャッシュバックは貰えるので、キャッシュバック限定ページから申込みましょう。

UQモバイルは初期費用無料とキャッシュバック併用できる限定ページがある?

UQモバイルは初期費用無料とキャッシュバック併用できる限定ページがありますが、それは正規代理店です。UQモバイル公式の限定ページではキャッシュバックは貰えますが初期費用は有料となります。

UQ WiMAXの代理店は存在せず、UQコミュニケーションズ1本しかページは存在しません。UQ WiMAXの代理店があれば初期費用無料キャンペーンも期待できますが代理店が存在しないので公式のキャッシュバックを利用しましょう。