どんなときもWiFi端末にはストラップホールが付いている

どんなときもWiFi端末にはストラップを通すホールがついています。どんなときもWiFi端末本体に手を加える必要がなくストラップを通すことができます。

ストラップホールとは、携帯電話をはじめとする小型のモバイル機器にストラップ(提げひも)を装着するためにもうけられた穴のことです。

ストラップ(strap)は「ひも」「帯」などを指す英語です。

携帯電話(いわゆるガラケー)が全盛の時代は、落下防止のため、鞄や首に提げて保持しておくため、あるいは純粋な装飾のため、多種多様なデザインのストラップが販売されていました。

ストラップホールはそれらストラップを通して端末に固定するための穴です。

ガラケーには半ば当然のようにストラップホールが用意されていたが、スマートフォンにおいては、グロスマが中心になったこともあり、ストラップホールを持つ端末は相対的に減りました

どんなときもWiFiはストラップが付属している

どんなときもWiFi端末にはストラップが付属しています。

付属しているストラップは安っぽいものです。きちんとしたストラップが欲しい場合は別途購入することをお勧めします。

どんなときもWiFi評判

どんなときもWiFiにストラップをする理由は?

どんなときもWiFi端末をうっかり落として傷が入ってしまったり、故障の原因になったりなど長くどんなときもWiFi端末を使っていく上で、そのような事態を避けるためにストラップは必要です。

手首を通して、どんなときもWiFi端末を持つことで、安定感が出て持ちやすさが上がります。

ストラップなしで片手で操作すると、落下するリスクが生じるものですが、ストラップを手首に通していれば万が一の場合も落下を阻止することができます。

どんなときもWiFi端末はレンタルで故障の修理には18000円掛かる

どんなときもWiFi端末はレンタル品で落下により破損した場合は有償交換代として18,000円の修理代がかかります。

これは申し込み時のみ加入できる「あんしん補償月額400円」のオプションをつけていれば無料で新品端末と交換が可能です。

ただし、1度補償による交換を利用してから6か月以内に再度補償を受けたい場合は有償での交換になる可能性があり有償交換代として18,000円掛かります。

「あんしん補償」に加入していないお客様は、どんなときもWiFiを持ちながら歩く際はストラップをつけて落下防止に努めて頂くようお願いします。

どんなときもWiFi端末につけるストラップの歴史

始めは携帯電話の落下防止の為に携帯ストラップを取り付け、手を通して使いましょうというので流行しました。

ここから携帯ストラップの在り方が変わって来まして、2000年前後には女子高生を中心に若い女性達の間でたくさんの携帯ストラップを付けるのが大流行し、携帯電話と言うよりは携帯ストラップを持っていると言うのが正しいのではないかと言う位になってきました。

もともとは落下防止のためのものだったのが、いつのまにかJKの間でお洒落アイテムになりました。

全国各地のご当地ストラップをコレクションしたり、ジャラジャラと大量のストラップをつけてみたり。どちらかというと機能性は二の次といった印象。それぞれのやり方で携帯ストラップを楽しんでいました。

こうなると本来の落下防止と言う目的はどこかに消え、単純にアクセサリーとして扱われる様になったのです。現在に至っては手を通す輪になっている紐じゃなく、ただの紐やマスコットしか付いていないストラップも出てきています。

単純に可愛いから、自分が持っている携帯電話をストラップでデコレーションしたいからと言う理由、アクセサリー感覚で普及したのが第二弾の普及理由ではないでしょうか。

どんなときもWiFi端末にストラップをつけて手首にぶら下げは重くない?

どんなときもWiFi端末の重量は151gです。これはスマホ並みの重さですので重いと感じることはありません。

iPhone11の重量が194gです。それよりも軽いです。iPhone8が148gで同等の重量となります。

どんなときもWiFi端末のストラップは解約時に返却が必要?

どんなときもWiFi解約後は端末と個装箱の2点を返却すれば済みます。そのため、USBや説明書もストラップの返却は必要ありませんので、紛失してしまっても大丈夫です。

もし、ストラップを返さなかった場合、18000円損害金が発生するなんてことはありません。

どんなときもWiFiストラップの評判