どんなときもWiFiはクレジットカードなしでも契約可能?

どんなときもWiFiはクレジットカードを保有していなくても、銀行口座さえ持っていれば契約が可能です。

しかし、口座振替は料金が高い、余計な出費がある、口座残高の入金管理など問題は山積みです。なるべくならクレジットカード支払いの方が得策です。

どんなときもWiFiで口座振替は審査ある?

どんなときもWiFiで口座振替支払いの場合、銀行口座を作成する際に銀行側が審査をして作成しているわけではないので、信用がありません。その為、口座振替支払いの場合は身分証明書の提出を義務化しています。

その為、身分証明書を含めて審査を致します。

クレジットカード支払いでは、身分証明書の提示が免除されますが、口座振替は身分証明書の提出が必須となっております。

その為、口座振替の方が審査の難易度は高くなっております。

どんなときもWiFiで口座振替はなぜ審査が厳しい?

料金未払いのリスク

口座振替というのは残高を空っぽにされてしまうと、引き落としができなくなります。そうすると提供した回線の料金回収が不能になります。

この場合、回線自体は停止すれば良いので、被害は最小限には済むので、それほど大きいリスクではありません。

端末の持ち去り

料金を滞納されて電話や住所が変わってしまうと、端末返却をしてもらえなくなります。端末は無料で貸し出ししているものですので返却されなくては困るものです。

通常、返却しなかった場合は18000円の損害金を義務が発生しますが、どこに住んでいるか分からなくなってしまうとどうしようもありません。

どんなときもWiFiで口座振替は損する?

どんなときもWiFiの口座振替は、月額料金がクレジットカード支払いより高くなっております。

クレジットカード支払いは最初2年間は月額3480円、25ヵ月目以降は月額3980円です。

口座振替支払いは最初の2年間は月額3980円、25ヵ月目以降は月額4410円となっております。

最初の2年間は500円の差があり、25ヵ月目以降は430円の差があります。25ヵ月目以降の口座振替支払いは、割引が一切ありません。

どんなときもWiFiで口座振替は手数料も別途で発生する?

どんなときもWiFiで口座振替は別途、口座振替手数料200円(税抜)/月が発生致します。

毎月200円が余計に発生しますので、1年間で2400円もの余計な出費が生じます。

どんなときもWiFiで口座振替は初期費用が代引きになる?

更には口座振替の場合、契約事務手数料・決済手数料・付属品の合計額を代金引換にてお支払いとなります。端末代は無料で、ケーブル充電器(1800円)などの付属品はオプションなので、必要ない場合は購入の義務はありません。

最低限必要なのは契約事務手数料3,000円と決済手数料だけです。それが代引きで支払わないといけないということです。

どんなときもWiFiで口座振替は残高が少ない人は危険?

口座残高が少なく毎月入金して支払っている人は、入金忘れによる滞納リスクが生じます。1度でも引き落としができなかった場合は信用を失うことになります。

口座残高が少ない方は引き落とし前に入金が必須です。