UQモバイルキャンペーンキャッシュバック情報

参考:UQモバイルキャンペーン

参考:UQモバイルキャッシュバック

参考:UQモバイルau乗り換え

UQ WiMAXクレードルとは?

「クレードル」とは、スタンド型の拡張機器を指します。

UQ WiMAX端末をクレードルに置くだけで充電したり、クレードル本体に有線LANケーブルをつなげることにより、無線LANが内蔵されていないPCでもインターネット接続したりすることができます。

クレードルの外観は携帯電話の卓上充電スタンドと似ています。

クレードルの英語表記は「cradle」で、“赤ちゃん用の揺りかご、子供用のベッド”という意味。クレードルとは“WiMAXルーター用の小さなベッド”という意味合いです。

UQ WiMAXでクレードルは必要?

UQ WiMAXではクレードルと端末セット購入ができます。WX05の場合、端末単体では3800円、端末とクレードルセットは6500円で2700円高いです。クレードルは2700円ということになります。

クレードルは必ず必要というものではありません。クレードルがなくても、充電は可能ですし、Wi-Fi接続は可能です。

UQ WiMAXでクレードルを使うと通信が安定する

UQ WiMAXでクレードルが不要と判断する人でも必要となる場面があります。それは、Wi-Fi自体は電波を掴んでいるが、パソコンとモバイルWi-Fiの間の接続が上手くいかずに通信が安定しない時です。

同じ室内に、さまざまな電子機器や通信機器のような電波に干渉するものが室内に置かれているような環境や電波の障害になるものが置かれている環境で通信不安定な状況が起こります。

通信が不安定な時はWiMAXの端末をセットしたクレードルとパソコンを有線LANで繋ぐことによって モバイルWi-Fiとパソコンの間の通信を安定させることができます。

UQ WiMAXでクレードルを使うと受信感度が向上する

クレードルを使わない場合は机の上などに平らに寝かせて置くことになりますが、その場合はUQ WiMAX電波の受信感度が下がり、電波は繋がりにくいものになります。

クレードルの設置で薄型ルーターを垂直に立たせることができるので、360°全方位からWiMAXの電波を受信可能になります。

ルーターを立たせる使い方だけでも電波の感度改善を期待でき、更にはWX05・WX04の場合は補助アンテナ効果でさらにWiMAXの通信速度が安定化します。

UQ WiMAXの契約時にクレードルを購入しなくても後から購入が可能

UQ WiMAXを契約時にクレードルを購入しなくても、UQアクセサリーショップというネット通販で購入が可能です。ただし、UQ WiMAXを契約する際のクレードル価格よりも少し高くなります。

クレードルを安く購入したい場合は契約時に購入しましょう。

UQ WiMAXでクレードルが必要なひと

有線LAN接続する

UQ WiMAXのクレードルを使えば、LANケーブルやACアダプタを接続でき、それらを利用して有線でのインターネット利用が可能です。UQ WiMAXを有線LANでパソコンに繋ぐことができます。

UQ WiMAXのルーターは単体でWi-Fiを飛ばるので有線LANに接続する意味があるか疑問に感じる方もいますが、有線LAN接続は以下のメリットがあります。

  • 通信速度が速くなる
  • 通信が安定する
  • 通信規格の影響を受けにくい
  • 無線LANよりセキュリティが高い
  • 市販の無線LANルーターを接続できる
  • 自宅やホテルの有線LANを無線LAN環境に変えられる

有線LANを無線LANに変更できる

クレードルは、ご自宅やホテルの光回線を簡単に無線LANに変換できます。光回線から伸びている有線LANケーブルをUQ WiMAXのクレードルに繋げば、無線LAN(Wi-Fi)環境ができます。

クレードルを固定回線に接続した状態で使えれば、UQ WiMAXの電波ではなく、固定回線の電波で通信を行います。UQ WiMAXには、速度制限があり3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯18時頃~翌2時頃までが速度制限がかかります。制限後の最大通信速度は概ね1Mbpsです。

しかし、固定回線とクレードルを繋いで使う場合、通信量が無制限の固定回線を使うため、通信制限がかかりません。

また、ホテルの部屋にある有線LANを無線LANに変換することもできます。

充電を忘れる心配がない

クレードルにWiMAX端末を常に設置しておくので充電が満タンな状態を維持できます。

クレードルなしで充電するためには、付属のアダプタをつけ、コンセントに差し込む必要がありますが、常に充電する状態でないので充電を忘れる心配がありません。充電を忘れると外出する際にバッテリーが少なくなっていた場合は充電をするのに時間が掛かります。

ACアダプタを都度挿し込まなくてもルーターを充電しながら利用可能で、充電が切れたなんて心配もなくなります。

時計代わりにしたい

UQ WiMAXの端末は、ディスプレイに時刻が表示されるので、クレードルに端末を立てておけば「置き時計」の代わりになります。

暗いところでもディスプレイが光るので、時間を確認したい時には便利です。

無線が対応していないパソコンにも有線LANで接続できる

クレードルがあれば、無線に対応していないパソコンでも古いパソコンでも有線接続が可能です。無線に対応していないパソコンであればWiMAXの端末を持っているだけではインターネットができません。

しかし、クレードルには有線LANケーブルを接続することのできるLANポートの穴があります。その穴とパソコンのLANポートの穴をLANケーブルを接続すれば、インターネットを楽しむことが可能です。

紛失しにくい

クレードルを所定の位置に置いておけば、WiMAXのルーターが行方不明になることを防止できます。

Wimax端末単体ですと、どこに置いたか分からなくなり探す手間が出たりします。定位置に置くことで、紛失リスクは避けられます。

UQ WiMAXでクレードルが不要なひと

有線LANを使う機会がない

家で固定回線を使っている場合、クレードルでUQ WiMAXと有線接続すると、UQ WiMAXルーターを無線LANルーターとして使えるようになりますが、UQ WiMAXは小型の端末なので家中に電波を届けるには力不足です。

やはり無線LAN専用の値段もそこそこするルーターを別途購入した方が無難でしょう。

充電に必要ない

UQ WiMAXルーター本体にはUSBケーブルが付属しているので、パソコンのUSBジャックやスマホ・タブレットのACアダプターに挿せば充電できます。

充電にクレードルは必要ありません。充電に設置を縦置きにしたい場合はクレードルが必要ですが、平置きで充電でも良い場合は不要です。

バッテリーの寿命を縮めたくない

クレードルにUQ WiMAXの端末が常に充電される状態になります。充電をした状態でモバイルルーターを利用すると、バッテリーに必要のない負荷がかかり寿命が縮まります。

また、クレードルに差し込んだ状態だとルーターからの放熱がしにくくなるので、バッテリーの劣化は避けられません。