どんなときもWiFi審査落ちする原因と内容!

どんなときもWiFiに審査は?

どんなときもWiFiは2つの支払い方法があります。

クレジットカード支払いの場合、既にクレジットカード会社の審査を通ってクレジットカードが発行されているので信用があり、どんなときもWiFiでの審査は通りやすくなります。

その為、クレジットカード支払いでは身分証明書の提出義務はなく、名前・住所・電話番号・メールといった情報で申し込みが完結します。クレジットカードは身分の提示を免除されるのです。

口座振替支払いの場合、銀行口座を作成する際に銀行側が審査をして作成しているわけではないので、信用がありません。その為、口座振替支払いの場合は身分証明書の提出を義務化しています。

その為、身分証明書を含めて審査を致します。

どんなときもWiFiに審査落ちする理由

過去に料金滞納、延滞がある

支払い能力のない人にサービスを提供するのは企業としてリスクがあります。特に口座振替の場合、過去に「インターネット料金」「携帯電話料金」「公共料金」等を滞納したことがある人は、滞納されると回収できなくなりますので審査に通りづらいのです。

これまで滞納を繰り返している人は支払い能力が低い人、また支払いを滞納する可能性が高い人とみなされてしまいます。

キャッシング、ローンを滞納した

インターネットや携帯の料金以外にも、キャッシングやローンの滞納があった人も審査に落ちる可能性は高くなります。

どんなときもWiFiは申し込みがあってから過去5年分は支払い実績を確認しているため、過去に滞納している人はまた滞納する確率が高いため、審査に落とされます。

信用情報機関のブラックリスト

クレジットカードやローンの支払い情報は信用情報機関という組織が収集し、共有しています。

過去のカードやローンの支払いが、信用情報機関のデータに遅延や未払いとしてデータが蓄積されていくのです。あまりにそれらの情報が貯まると「ブラック」として扱われます。

どんなときもWiFiに申し込む際もこの信用情報機関のデータにアクセスして、対象の支払い能力を確認しているため、ブラックの状態で審査に通りません。

プロバイダからWiMAXを過去に強制解約されたことがある

過去に強制解約されたことがある場合は審査に通りません。口座支払いで契約できた後も、口座の残高不足などで料金の未払いが続くと強制解約されることがあります。これが問題になります。

WiMAXはどのプロバイダもUQコミュニケーションズの回線を借りています。そのため強制解除したユーザーのリストは共有されています。

つまり過去に強制解約をされたことがあると他のプロバイダがその情報を参照できるため、再び申し込みをしても審査に落ちる可能性は高くなってしまいます。

本人確認書類の不備

申込情報や提出書類にミスがあった場合は審査に落ちます。

ネットで申し込みをした時に誤記入があったり、確認書類の有効期限が切れていたりといったケアレスミスがあると審査に通りません。

名前が違っていた、住所が間違っている、生年月日が異なるなどの間違いがある場合、提出している本人確認書類との情報が一致しません。そのため記入する時はしっかり確認する必要があります。