どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

本人確認書類
・運転免許証
・運転経歴証明書
・日本国パスポート+補助書類
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード
・健康保険証+補助書類
・後期高齢者医療被保険者証+補助書類
・届出避難場所証明書
・身体障害者手帳
・療育手帳
・精神障害者保険福祉手帳
・特定疾患医療受給証+補助書類
・特定疾患医療登録者証+補助書類

どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

そもそも携帯電話の契約の審査は、以下の2つの滞納リスクがないか、という観点で行われます。

月額料金
端末の分割払い
特に携帯電話会社が目を光らせているのが、2の端末の分割払いの滞納です。
iPhoneを分割払いで契約した場合、携帯電話会社に7〜8万円のローンをしている状態なんですね。
なので、端末を一括払いなら審査は通るけど、分割払いだと審査に通らないといったことが起こります。

どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

まずクレジット支払いにして審査に落ちることはあまりありません。

審査に落ちて困っている方もクレジット支払いではなく、口座支払いにしているのではないでしょうか。

現にクレジット支払いの場合は最短1日で終わります。クレジットカードの場合は、カードを作る際に審査があるため、WiMAXの方でもそこまで審査は厳しくないのです。

そのため、クレジットカードを持っている人はクレジット支払いにした方が無難でしょう。

過去に料金滞納、延滞がある

どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

お支払方法は2つです。
初回は事務手数料+2か月分(つまり月額3か月分の金額)を支払います。
以降、常に次月分を今月に支払うイメージです。

Paypal(デビットカードで登録したPaypalはダメ)
Paypalアカウントが必要です。
WEBからお申し込み、支払いを完了すればwifiの発送となります。
請求書発行による後払い(NP後払い)
お申込みフォーム送信で審査があり、通過すると契約完了となり支払い義務が生じ、wifiの発送となります。
初回支払いは契約完了後、請求書の金額を14日以内に振込用紙で支払います(コンビニ、銀行、郵便局)
※審査通過日が「申込日」となり、1週間以内程度で請求書が届きます。
請求書発行料¥205(税込)が毎月かかります。
※途中で支払方法を変更するには変更手数料1000円(税別)が必要となります。

どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

残念ながら、ソフトバンクはポケットWiFiのサービス自体が中途半端です。

詳しくは次章「2. ポケットWiFiのおすすめ提供会社|4つのポイントで徹底比較」でもご紹介しますが、ソフトバンクのポケットWiFiは以下の2点が中途半端と感じます。

データ容量が無制限のプランがない
最大速度がポケットWiFiサービスのなかで最下位
(1)データ容量が無制限のプランがない
各社のポケットWiFiデータ容量に関しては下記

どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

WiMAXは小型のデータ端末を使ってインターネット通信を行うので、外出する時でも容易に携帯できてネット通信ができるんです。

喫茶店で仕事に取り掛かる時に、スマホのテザリングをする必要がないんです。

テザリングとは、スマートフォンの電波をパソコンに流して通信する技術で、スマートフォンの4G回線を用いることになるから速度制限を受けやすくなるというデメリットがあります。

スマートフォンの速度制限はきつくて、128kbpsというスピードです。

Googleのトップ画面を表示するのに1分ほどかかる速さなんです。

そのような速度ならYouTubeのようなストリーミング動画を見るのは不可能ですよね…。

ただしWiMAXだったら、スマートフォンの速度制限を気にすることもなく受信できます。

移動している時でも、スマートフォンでYouTubeや

どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

まず支払い方法をクレジットカードではなく、口座振替にしているというケースが考えられます。口座振替では口座の残高が重要になります。

例えば口座の残高がWiMAX一か月分の料金より少ないと当然審査から落ちてしまいます。WiMAXのプロバイダとしては、クライアントが口座振替よりもクレジットカード払いしてくれた方が好都合です。プロバイダはやはり確実に月額料金を支払ってもらいたいと思っています。
クレジットカードを所有している方はすでにそのカードの審査を受けていて、ある程度支払い能力に信用性があります。

またクレジットカード払いの場合、プロバイダはカード会社からお金を確実に支払ってもらえますが、口座振替の場合は、残高がなければ引き落としできません。そのためクレジットカード払いの方をプロバイダは好みます。もしクレジット払いで申し込みをしていたら審査から落ちることはないというケースも少なくないでしょう。
しかもクレジット払いの場合、審査も最短

どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

BIGLOBE WiMAXに限らず、他のWiMAXプロバイダーでも審査なしでサービスを利用することができます。

ネットサービス全般に言えることですが、クレジットカード決済は決済確認がすぐに取れるので、サービス利用の開始や商品の発送も一番速いです。

銀行振込は、申し込み者が振込むまではアクションがなく振込後も確認まで時間がかかるのでその分発送も遅くなります。

そういった意味でも、1枚クレジットカードがあると何かと便利です。

海外旅行も行く人は、JCBよりもVISAカードを選択すればクレカ利用可能なお店であればほとんどのお店で利用できます。

クレジットカードなら年会費無料の楽天カード

どんなときもWiFi審査内容を徹底解説

OMO契約出来なかったお客様も通ってるんで大丈夫だと思いますって言われたけど、通りませんでした(T_T)

もしかしたらNTTのフレッツ光の請求で未納(解約済み)があるから通らなかったのでしょうか??
光は全部払ったと思っていたんですが、何故か請求がきたので、これを払ってまたWiMAXの契約行けば通ると思いますか?

それともWiMAXも携帯会社との情報交換してるから審査が下りなかったって事なんでしょうか…

ネット使わずに3ヶ月とか放置したりする月もあるので、私的に使わない月の料金が380円と安価な所に魅力を感じどーしても契約したかったので、詳しい方教えてください!