どんなときもWiFi初期契約解除で無料解約できる?

初期契約解除とは

初期契約解除制度とは、対象となる電気通信サービス契約について、契約書面の受領日(または開通日)から 8 日が経過するまでの間、利用者が契約を解除できるとする制度です。

特定商取引法で規定されているクーリング・オフ制度(以下、クーリング・オフ)と同様、電気通信サービス契約について利用者による無条件の解除権(民事効)を認めた規定ですが、クーリング・オフと比較して、解除に伴い利用者に経済的負担が生じ得ること(ただし上限額あり)、対面販売や通信販売による場合も初期契約解除が可能、などの違いがあります。

どんなときもWiFiの初期契約解除とは?

「商品」を受領した日から起算して8日以内に、グッドラックサポートセンターまでご連絡いただければ契約解除を無料で行うことが出来ます。ただし個人名義のお客様に限ります。

最低利用期間2年以内の通常の解約は違約金が発生しますが、初期契約解除を利用することで無料で解約が可能です。

「初期契約解除制度」とは、国が定めた制度です。しっかり理解せずに通信回線の契約をしてしまった人が、事務手数料3000円の負担のみで一方的に契約できるというものです。

どんなときもWiFiは商品受領から8日以内であれば、電気事業法の「初期契約解除制度」で違約金不要で解約することが可能です。

「実際に契約したけど電波が弱い」「宣伝されていた内容と異なる」「電波が繋がらず使い物にならない」など商品に不満がある場合、初期契約解除制度を活用して無料解約ができます。

どんなときもWiFiの初期契約解除される理由

  • 料金面が理解できないのに契約してしまった
  • 想像以上に速度が遅かった
  • 使ってみて電波が繋がらず使えないと分かった
  • 気が変わって不要になった

これらの理由を問わず、契約解除できます。条件は「契約が成立してから8日以内に申請」というものです。どんなときもWiFiの契約の成立は、「申込み後、書類と端末が届いた日」となります。

したがって「端末が届いた日から8日以内」に発送することが、「初期契約解除制度」適用条件です。

どんなときもWiFiの初期契約解除申し込み方法

指定のフォーマットまたはお客様ご用意の紙面に必要事項を記載し、端末一式に同梱の上、株式会社 グッド・ラックサポートセンターへお送りください。

初期契約解除制度を利用する場合、以下のページからダウンロードできる初期契約解除申請書に必要事項を記入の上どんあときもWiFi宛てに発送することになります。

初期契約解除申請書はこちら  

<必要事項>

・サービス契約書面に記載の契約ID
・契約者名
・契約電話番号
・契約者住所

<フォーマット>

初期契約解除申請書
※お客様ご用意の紙面でも申請が可能です。

どんなときもWiFiの初期契約解除の申請期限

サービス契約書面を受領した日から起算して8日以内に、初期契約解除申請書を端末一式に同梱の上、発送ください。

発送日が申請期限を超過している場合、初期契約解除としてお受付できません。8日を過ぎると無料で解約できなくなり違約金が発生します。早めの決断が必要です。

どんなときもWiFiの初期契約解除返送物

・ご契約端末
・USBケーブル
・取扱説明書
・個装箱

これら一式全てを送る必要があります。1つでも欠けていると損害金が発生する恐れがあります。

どんなときもWiFiの初期契約解除返送方法

「佐川急便」、「ヤマト運輸」、「ゆうパック」のいずれかより、初期契約解除申請書と端末一式を弊社サポートセンターまでご返送ください。どの運送会社を利用しても自由です。

配達伝票の品名に「初期契約解除」と記載ください。記載がない場合、期日内に初期契約解除として処理ができず、ご請求が発生する場合があります。

返送にかかる費用はお客様ご負担となります。 

<返送先>
〒141-0022 
東京都品川区東五反田1-2-33-7F グッドラックサポートセンター

どんなときもWiFiの初期契約解除は初期費用がかかる

契約事務手数料 3,000円(税抜)は請求されます。初期契約解除制度を使った場合にかかる金額は、初期費用の3000円のみです。月額料金が引き落とし済みでも返金されます。

既に月額料金などが請求されている場合、初期契約解除の処理完了後、ご返金のご案内書面をお送りいたします。

どんなときもWiFiの初期契約解除でも以下の場合は機器損害金が発生

以下の場合、機器損害金18,000円(税抜) がご請求となりますので、ご注意ください。

①申請書のみの申請
②返送物に欠品がある場合
③返送物が破損・故障していた場合

どんなときもWiFiの初期契約解除とは?